※当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。
大切な日は着物で

本襲の留袖の着付け方と注意点

本襲の留袖は、留袖と襲を2枚重ねておいて(袖も通してピッタリ沿わせておいて)着付けます。一般的な比翼仕立ての留袖を着付けるときと段取りが違ったり、気をつけるポイントもあります。
大切な日は着物で

留袖の比翼が出る原因と対処法

お客様を着付けていて、たまにあるのが、お客様の留袖の裾から白い比翼が出て見えてしまうこと。本来、留袖の比翼仕立ての裾は、黒い留袖の裾より中の比翼のほうが短く仕立てられているので、着付けたときには見えないはずなのです。
大切な日は着物で

留袖に合わせる帯について 二重太鼓以外の結び方はアリ?

前回、留袖を着るときに気をつけてほしいことについて書きました。留袖に合わせる帯についても決まりがあります。 留袖に合わせる帯は、基本的に礼装用の袋帯です。吉祥文様などの格調高く重厚感のある織りの袋帯を合わせます。
大切な日は着物で

留袖には長襦袢がいらない!?留袖の着付けにありがちな勘違いと長襦袢が無いときの対処法

留袖といえば、結婚式で新郎様新婦様のお母様方が着ている着物のイメージで、訪問着などと比べても、着たり見たりする機会の少なく勘違いが起こりやすい着物ともいえます。私が留袖の着付けを担当したお客様がされていた勘違い色々(長襦袢はいらないと思われているなど)を書いてみました。
大切な日は着物で

留袖の着物の身幅が足りないときの着付けと対処法

着物の身幅が足りないときに発生する1番の問題点は、着物の裾がはだけやすくなり、椅子に座った際などに下着(長襦袢や裾除け)が見えてしまうことです。私が身幅が足りない着物を着付けるときに気をつけていることや、対処法についてまとめました。
大切な日は着物で

【着付け師からのアドバイス】結婚式の着物で失敗しないために 留袖を着付けてもらうときに気をつけてほしいこと

ブライダルの着付けに携わっていると、色々なお客様に出会います。留袖を着付けることが多いのですが、お客様がお持ちになったものを見て“これはちょっと‥”と思うことがときどきあります。準備するときに知っておいてほしいこと、確認してほしいことを書いてみます。
大切な日は着物で

【着付け師からのアドバイス】着物の着付けに必要な着付け小物 おすすめと気をつけること

着物を着付けてもらうときの必要な着付け小物をまとめてみました。やはり、きれいな仕上がりにおいて着付け小物は重要だと思います。私がお客様を着付けたときに、このほうが着付けやすくてありがたいな、と思ったことなどを基準に書きました。
大切な日は着物で

雨だったら着付けの予約をキャンセルしたい。雨を理由にキャンセルしてもいい?

結婚式や、卒業式、入学式など、着物で出席する予定にしているけど、天気が心配。天気がよければ着物で出席する予定だけど、雨なら洋服で出席したい。雨を理由に予約していた着付けをキャンセルしてもいいのでしょうか。
大切な日は着物で

結婚式に着物で出席するメリット3つとデメリットへの対処法を考察

結婚式に着物を着るメリットは色々あります。着物で結婚式に出席するってどうなんだろう?と思ったときに考えたいこと、メリット、デメリットと対処法を考察してみました。
大切な日は着物で

身丈が短い着物を着付けるときに工夫できること3つ

親戚から譲ってもらった着物や、リサイクルで手に入れた着物など、よくあるのが、身丈が短い問題。身丈に余裕が無い場合でも、少しの工夫によって出せなかったおはしょりが出せたりする場合もあります。身丈が短い着物を着付けるときに工夫できること3つまとめてみました。
タイトルとURLをコピーしました