※当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。
着付け・着物の始め方

着付け初心者こそ着付け小物に気を配るべき理由とオリジナルの器具や便利グッズについての考え方

着付け小物は外からは見えないので、とりあえずあるものでなんでもいいや、と思っていませんか。この記事では、着付け初心者こそ着付け小物に気を配るべき理由を解説していきます。着付け初心者の人にとっては着付け小物によって、着付けの難易度が一気に上がってしまったりします。
着付け・着物の始め方

着物の着付けは独学でも身につく? 独学での着付け上達に必要なことは

着付けの技術を身につける王道は、今も昔も着付け教室に通うことですが、もともとのセンスや器用さや、練習を地道に続けられるかどうかによって、実際に独学で上手に着られるようになる人もいます。独学で着付けを身につける方法や独学で上達するために必要なこと、独学が向いている人と向いていないと思う人など着付けの独学についての考察をしてみました。
着付け・着物の始め方

おすすめの着付け教室は?着付け教室を選ぶときに考えたいこと 個人?大手?資格?着物販売のあるなし? 

着付け教室をどんなふうに選んだらいいのかわからない、着付け教室に対して敷居が高そうだし、着物を買わされそうなイメージがあるなど色んな疑問がありますよね。 着付け教室ごとにどんなことが違うのか、自分の目的に合った着付け教室の選び方、着付け教室に申し込む前に確認しておいたほうがいいことを解説しています。
着付け・着物の始め方

着物警察への言い返しを考察してみた

着物警察やお直しおばさんと言われる、勝手に着物を着ている人の着物や帯を直そうとしたり、頼んでいないのに着付けやコーディネートにダメ出ししてくる人。嫌ですよね。 着物警察への言い返しや対処法、なんで着物警察をしてしまうのかなど考察してみました。
着付け・着物の始め方

痛いと思われる着物女子の共通点を考察してみた(自戒を込めて)

検索するときに『着物女子』って入れると、他の人はこちらも検索してますのところに『着物女子 痛い』ってあるんです。着物を楽しみたいけど、もしも痛い女だと思われたらどうしようと不安になって、着物を楽しむのをためらっている方のためにどういうことが痛いと思われるポイントなのか、私の着物初心者の頃の経験を思い出しながら考察を書いてみました。
大切な日は着物で

友人や親戚の着物を借りるのは辞めたほうがいいし、 貸すのも辞めておいたほうがいい理由

着物を持っている友達に借りようかな?友人に着物を貸してほしいと頼まれて迷ってる。そんな場合は結論からいうと、着物を借りるのも貸すのも辞めたほうがいいです。なぜ辞めたほうがいいのか、実際に借りる場合に想定しておくべきリスクなど、考察してみました。
大切な日は着物で

卒業式の袴を着るときの振袖は、成人式のときに着たものと同じでも大丈夫?

成人式のときの自分の振袖一式を持っているから、卒業式はそれを着て袴だけ用意しようかな。そんなときに参考にしてほしいことをまとめてみました。自分の振袖で袴を装う場合、何が違うのか。成人式とは印象を変えるためにできる工夫など、考察しました。
大切な日は着物で

卒業式の袴には草履とブーツどちらを合わせる?それぞれのメリットと決めるときに考えたいこと

他の着物の場合は基本的に草履を合わせますが、袴だとブーツも選べるのでどっちにするか迷いませんか?草履とブーツのそれぞれのメリット・デメリットや、草履かブーツか決めるときに考慮したいこと、ブーツを合わせる場合、どんなブーツがおすすめかを考察
未分類

袴が長かったり短い場合、着付けで工夫できること 高身長さんや低身長さんが袴選びで気をつけることは?

卒業式で着る予定の袴、サイズがぴったり合っていない場合もありますよね。袴を着付ける際、袴の長さやブーツなのか草履なのかを確認して、袴の長さが合ってるかどうかを考慮しながら工夫して着付けることが大切です。袴が短かったり、長い場合に起こる問題点や、着付けで工夫できることを書いてみます。
未分類

卒業式の袴が太って見えるのはなぜ?考えられる原因と予防策を考察

卒業式の袴姿が、なんだか太って見えるってことはありませんか?いくつかの原因によって、太って見えることがあります。最近増えている、ご自分のお子さまに袴を着付けてあげたいお母さま方の参考になればと思い考えられる原因と予防策を考察しました。
タイトルとURLをコピーしました